• アビスパ福岡とソフトバンクホークス 福岡市
  • アビスパ福岡とソフトバンクホークス 福岡市

福岡のスポーツファンや企業が支えるアビスパ福岡の特徴

サッカー

福岡が拠点のプロスポーツと言えば、プロ野球トップクラスの強さを誇るチームが有名ですが、Jリーグに加盟しているアビスパ福岡も負けてはいません。

J2に所属していますが、その中でも2015年のシーズンでは3位まで上がっていますから、念願のJ1昇格も決して夢ではありません。福岡のサポーターもこのチームのJ1昇格の瞬間を見られる日を待ち望んでいます。

アビスパはサッカーの強豪国であるスペインの言葉でスズメバチの意味です。熾烈な攻撃を統率性を持って実行するスズメバチのようなプレーができるようにという意味が込められているのです。

チームの運営の特徴としては地元の企業の多くが協賛企業として参加していることです。サッカーの応援を通して地元を盛り上げることにもつながりますし、地域に密着することでサッカーの人気のすそ野の広がりにも貢献できます。

ブックメーカー ノウハウ

また、サッカースクールの運営やボランティアスタッフの採用など地元の人々がスポーツへの関心を持つように様々な試みもされています。

元日本代表の井原正巳監督 元ドイツ代表のリトバルスキー氏

サッカー

2015年現在、アビスパ福岡というサッカークラブは野球の福岡ソフトバンクホークスと同様、福岡県民にとってなくてはならない存在となっています。福岡という場所は、いかにスポーツが盛んな地域かということが伺えます。

このクラブを指揮した歴代監督も、かなり有名な方が揃っています。最も知名度があるのがピエール・リトバルスキーでしょう。FIFAワールドカップに3度も出場した経験があり、まさにワールドクラスのサッカー選手でした。

日本のJリーグのクラブでプレー経験もあり、また非常に明るいキャラクターだったため、日本ととても縁のあるスポーツ選手として今でも知られています。また現在指揮をしている井原正巳監督は、かつて日本代表のキャプテンとしてプレーをしたほど実力のあるプレーヤーでした。

まだ監督に就任して間もないため、その手腕がどれほどのものなのかが注目です。アビスパ福岡は現在残念ながらJ2に所属していますが、いつかJ1に昇格し、そのポテンシャルを如何なく発揮してもらいたいものです。

福岡のスポーツチーム ソフトバンクホークスの特徴

野球

「ソフトバンクホークス」は福岡を本拠地とするプロ野球のスポーツチームです。2004年に親会社の経営不振に陥っていた「ダイエーホークス」が身売りされて誕生しました。

2015年シーズンからの監督はOBの工藤公康さんです。球団会長にはONで有名な王貞治さんがおられます。王貞治さんはダイエー時代の1995年から2008年まで監督を務めていました。

球団の特徴は親会社の豊富な資金力で大型補強に積極的です。今シーズンはメジャーリーグから怪物・松坂大輔投手を獲得しました。他にも他球団からのFA選手の獲得にも積極的です。

今年の日本シリーズも制して2年連続日本一と黄金時代の到来が予感されます。ファンサービスも充実しており、毎年夏に「鷹の祭典」というイベントが行われます。選手はオリジナルユニホームを着用して試合を行います。

期間中の来場者にレプリカユニホームを無料で配布したりしています。また唯一の九州のプロ野球チームとして九州各地でも主催試合を行っています。なので福岡だけでなく九州各地にもファンの多いスポーツチームです。