• アビスパ福岡とソフトバンクホークス 福岡市
  • アビスパ福岡とソフトバンクホークス 福岡市

ネイビーとシルバーのユニフォーム

サッカー

アビスパ福岡は、福岡市に本拠地を置くプロスポーツチームの一つで、プロサッカー・Jリーグに所属するサッカーチームです。2015年はJ2リーグで戦っています。

レベルファイブスタジアムをホームスタジアムとし、チームカラーであるネイビーブルーやシルバーをあしらったユニフォームで戦っています。

チームの前身は1982年創立の中央防犯サッカーチームで静岡県藤枝市を拠点としていましたが、Jリーグ入りに際して基準を満たしたスタジアムが藤枝市に存在しないことから、福岡市に移転しました。

そのときに当時の愛称・藤枝ブルックスから福岡ブルックスに改名、さらに1995年に正式にJリーグに加盟すると、愛称をアビスパ福岡に改めました。アビスパとは、スペイン語でスズメバチのことで、団体スポーツで重要となる俊敏で規律の取れた動きを目指すチームのシンボルとなっています。

2011年にJ2に降格してからここ数年はJ2を主戦場とし、J1復帰を目指して戦っています。2013年には昇格プレーオフを戦いましたが昇格には至りませんでした。